早朝の明治神宮



「早起きは三文の得」


昔の人は本当にいい言葉を作ったものです。


僕は朝が苦手なのでいつも損し続けてます笑


だけど、たまーーーーに、本当に一年に1回か2回くらいは4時とか5時にはっと目が覚めて写真を撮りに出かけるんです。


そんなとき、明治神宮に行ったことがありました。


本当に三文の得をしました。



1.きれいな空気と美しい光景に出会えた!

2.今まで知らなかった東京の一面を知れた!

3.コンテストで代々木駅長賞受賞!



1.きれいな空気と美しい光景に出会えた!


なんといてもこれにつきます。早朝の独特の静けさに包まれた身に染みる空気ってあるじゃないですか。


しかも明治神宮は森に囲まれてるからよりいっそう空気感が独特。


木々の間から差し込む朝日、朝日を反射する本殿の輝き、何もかもが新鮮でパワーをもらえるような気さえしました。



2.今まで知らなかった東京の一面を知れた!


日の出前に明治神宮に着いて、初めて知ったことがありました。


明治神宮は


「日の出と共に動き出す」


ということです。


開門も閉門も、毎月の日の出と日の入り時刻に合わせて変わってくるんです。


自然の動きに合わせて時を刻む空間が大都会の中心に存在しているのってなんか不思議じゃないですか?



それともう一つ、鳥居をくぐる前にはお辞儀をするということ。


いままで知りませんでした。


だけど、早朝ここに来る人は皆さんお辞儀をして通っていて礼儀正かったです。


古き良き日本の文化、小さなことかもしれないけど僕も引き継いでいきたいです。



3.コンテストで代々木駅長賞受賞!

この日撮れた自信作の一枚がこちら。




どうですか?


結構自分でもお気に入りの一枚なんです。


朝早く来なかったら絶対に撮れなかったであろうワンショット。


東京感動線という山手線が運営するプロジェクトのフォトコンで、ありがたいことに


「代々木駅長賞」


を頂きました!




いかがでしたか、


「三文の得」をしたい方は早起きを、


もっと欲張りたい方はそのままカメラを持ってお出かけしてみましょう!





8回の閲覧

最新記事

すべて表示