写真を始めたばかりの人へ


こんにちは!

FCCFスタッフのうーちゃんです!🐰!


今回は、写真を始めたばかりの人に向けて、

私が始めたてのころにとっても役に立ったことを伝授しようと思います✨🙌💓


写真って、始めたばかりだと本当によくわからなくて

近くのものを撮ってみたり、見様見真似で人とか風景とかをそれっぽく撮ってみたり。



みんなそんな感じで沢山撮っていくうちに上達していくのかなーと思います。


わたしは、写真を始めると同時に

高校の写真部に入部しました。

そこではプロの方に教わる機会も沢山あって、

そこで教わったコツが、今でもとても役に立っています。


そのコツを、いくつか紹介します😊✨


①四隅を気にする

写真を撮る時って、メインの被写体にばかり目がいきがちかなと思いますが、

写真として全体を見た時に四隅がとっても大事になってきます。

変に物が見切れてしまっていないか、

余計なものが写ってしまっていないか、

はたまた、始めたばかりだと指が写ってしまうなんてこともあるのでそれも気をつけたいですね。

勿論、後からトリミングするという方法もありますが撮る時に気をつけると、それが癖付けられて

写真の切り取り方が上達します😊

私も今も撮る時に気をつけている大事なことです。


②まずは適正露出を解るようになる

始めたばかりだと、露出とは!?適正とは!?ってなる人もいるかもしれないけど、大切だから読んでくれると嬉しいです。

まず露出というのは、とってもとっても簡単に言うと、写真の明るさのことです。

そして、適正露出は、その写真の明るさがちょうど良い明るさになること💡


始めたばかりだと、オートモードで撮ってる人がほとんどだと思うのですが

オートでは、露出も自動で決めてくれて、なるべく適正露出になるようにカメラが調節してくれます📸


なので、オートで撮っているうちに、適正露出ってこれくらいの明るさ!っていうのを覚えておくと良いです!

沢山写真を撮っていくうちに、オートでは満足できなくなる時が来ると思います。

露出を決める要素は3つあって、それを自分で調節することで表現の幅が広がるので、マニュアルで撮る日がきっと来ます笑


そうなったとき、自分で適正露出に近づけていかなきゃいけないので、明るさの感覚を身に付けておくと良いです。ちょっとは楽になるかも✨


でも、、

オートも万能ではなくて、時には暗く写ってしまったり明るく写ってしまったりするので、信じすぎない方が良いんですけどね🥺


適正露出でパッと撮れるようなると、

そこから、暗くしてみたり、明るくしてみたり、

標準を知ることでできる表現が沢山あります😊✨ 

基礎ってつまらないかもしれないけどすごく大事!なので、気にするようにしてみてね。


③とにかく楽しむこと!

色々書いてきたけれど、やっぱり写真は楽しむのが1番!!

自分の好きなものを、好きなように撮るのが良いです。時には悩んだり、迷ったりするかとしれないけど

せっかく出会えた写真を自分が1番楽しいと思えるように続けていければ幸せだね😌



以上!いかがだったでしょうか?

参考になったかな?

みんな、楽しい写真ライフを😊





8回の閲覧

最新記事

すべて表示