なんで写真撮ってんの。目標のはなし

こんにちは。FCCFスタッフの菅野です。



悩める子羊さん達に問いたい。君はなんで写真撮ってるの?


(ケンカ売ってます)



答えは別になんでも良いんですけど、その答えのひとつの例として、「目標を持つこと」が大切だなあと思うわけです。


実際、学生の頃から“映像のカメラマン”として活動してきた僕が、写真の会社を建てるとなった時。

“写真のカメラマン”に(自分の気持ちの上で)なる必要があったんです。


その時にひとつ、目標をたてました。


銭湯の写真が撮りてえ。


内装です。内装。

公共の施設アンド銭湯というものの特徴から、一般的に撮れないもの。仕事なら撮れるんじゃないかって。



それが

一年しないくらいで撮れちゃったんです。

なぜかって、きっと目標に辿り着くために撮り続けたからだと思ってます。


だから、持ってください、目標。

スランプなんて言ってられなくなりますから。ね。




ちなみに僕はこれで目標がなくなってしまったわけですが、その目標を探すために、今は写真を撮ってます。楽しいよ。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示