逆光って撮り方2種類ある


どうもこんにちは、ForCusCaFeのスタッフ赤髪くんです!


逆光の撮り方2種類あるよねえって話。

前回のおさらいとして逆光の特徴がこちら!



・ふんわりとした印象

・ピント合わせずらい→マニュアルフォーカスがいいかも

・白飛び、黒つぶれが起きやすいため何をメインに撮りたいのか考えて撮った方がいい



今日は3つ目に焦点を当てて書いていきます。





逆光ポートレートの撮り方を2つちゃんと説明するとこんな感じ。



①被写体さんをシルエットにして、背景をちゃんと見せる方法

②背景を白飛びさせて、被写体さんがちゃんと見えるように撮る方法



①はこんな感じ

シルエットで背景のめちゃくちゃ綺麗な夕焼け空が見えますなあ。




②はこんな感じ。 背景は飛んでるけど、被写体さんの表情がちゃんと見える感じ。


同じ場所でもこうやって2種類の撮り方があるですね、カメラって面白い。 どっちが正解、不正解なんてないと思いまして、何を撮りたいのかだと思いますん。



空をかっこよく見せたかったら①だと思うし、

被写体さんをきっちり表情見えるように撮りたかったら②の方だと思います。



意識するだけで全然違うっぺ。


ぜひ参考にしてください!


------------------------------------------------------

【Writer/Photographer】

名前:赤髪くん

Instagram:https://www.instagram.com/akagamikun/

Twitter:https://twitter.com/akagamikun3715

------------------------------------------------------

【写真好きのためのカフェをオープンしました!】

ForCusCaFe in 西新宿


15回の閲覧

最新記事

すべて表示